高血圧について

高血圧について

【高血圧とは】
高血圧とは、血管に過度な圧力がかかっている状態を指します。
高血圧が続くと血管に負担がかかるため、脳の血管が破裂して脳出血を起こすリスクが高くなります。また、心臓はどんどん血流を送り出そうとして次第に大きくなります(心肥大)。心肥大が進むと、心臓の動きがにぶり、血液を全身に送り出す機能が低下します。

このように、高血圧はさまざまな疾患を引き起こす恐れがありますので、定期的に血圧を測定し、コントロールすることが重要です。

【原因】
高血圧症の原因には、遺伝的なものと、生活習慣などの環境的なものがあります。
また、血圧の高い状態が続くと、動脈硬化が進んで血管が厚く硬くなり、内径が狭くなって血液が流れにくくなるため、それに負けずに血液を流そうとして、いよいよ血圧が高くなります。この悪循環も、高血圧症の原因と言えます。

【環境的な要因】
・塩分の取りすぎ
・カリウムを多く含む野菜や果物の摂取不足
・肥満
・過剰飲酒
・精神的ストレス
・運動不足
・喫煙

【高血圧の予防について】
高血圧の危険因子の多くは、生活習慣を改善することで減らすことができます。血圧が基準値よりも高かった人は、まずは減塩にとりくむことが大切です。喫煙者は直ちに禁煙を実行し、適度な運動、節酒、ストレスの解消などを心がけましょう。

当院では、予防指導を行っておりますので高血圧でお困りの方はご連絡下さいませ。

PAGE TOP